想定される進路

iconメディア関連やコンテンツ創出産業へ

テレビ、ラジオ、出版、ニュース、映画、音楽、スポーツ、玩具、ゲーム、広告、デザイン建築、舞台芸術(音楽・演劇・オペラ等)、ファッション、美術品など、コンテンツを創出する産業こそが21世紀の知識経済の下では国際競争力の中心をなすものであるといわれています。これらの産業は、流通媒体であるメディアの技術革新なしでは成長を遂げることはできません。インターネットの普及と社会の情報化はコンテンツの浸透を格段に高めました。コンテンツやメディア関連企業の役割は今後ますます高まります。

IT業界へ

IT業界は理系の仕事ばかりではありません。デジタル社会の中心にいるのは人間だからです。ITを通してクリエーティブな仕事環境や、快適な生活を実現する役割を担うのは、その主役であるわれわれ人間です。人の創造力を支援するシステムソリューション、システムインテグレーション、インターネット、モバイル関連、Eビジネスなど、活躍の場は多彩です。

国際ビジネスの最前線へ

世界に流れるプロダクトやサービスを提供する企業にとって、その活躍の場に国境はありません。クオリティーの高いプロダクト、顧客を満足させる行き届いたサービスに対する人々のニーズは無限です。世界を舞台として活動し、各国の文化・社会・人々に対する深い理解と、グローバルに広がるネットワークを駆使できる人材に対するニーズもまた無限です。

世界のNPO、NGOや国際機関へ

ITの利用が急速に進展し、特にインターネット接続可能な携帯電話やモバイル端末の普及は、組織の活動を拡大するツールとして大きな役割を果たしています。ネットワークが命である世界の NPOやNGOの活動や国際機関において、多様なメディアの本質を理解し、語学、コンピュータに強い人間の確保は急務です。

Comments are closed.